HOME > 導入事例 > 落花生

落花生

お客様のご紹介

落花生問屋 「株式会社広川」 様

創業明治19年の落花生問屋です
創業当時から、地元生産者の方々と共に 千葉県の特産品である落花生の
生産・加工・販売に従事されている会社です。
 
株式会社広川 様
  落花生

落花生の現状とこれからの課題

  • 千葉県全体で機械化が遅れ、生産量が50年前の1/10まで減少している。
  • 播種作業の方々の高齢化、腰を曲げた長時間の播種作業の敬遠に伴い人員減少傾向にある。
  • 有穴マルチを張り、手播により播種し さらに土をかけている。

当社からの提案

落花生のシーダーテープ利用は15年程前から試験していましたが、
改良試験を重ね3年前から同時穴あけシーダーマルチャー「あけマルくん」
に落花生仕様の対応が完成し、販売を始めました。
マルチと同時に播種する事ができ、時間短縮・播種作業の負担軽減が
できます。
又、無孔マルチ使用の為マルチ原価の削減もできます。
鳥害忌避効果のある薬剤を種子に利用する事により
土かけ作業がいりません。
 
 
 

 

 

あけマルくん 落花生仕様
 同時穴あけシーダーマルチャー
「あけマルくん」 落花生仕様

導入後

現在、約30haの土地でシーダーテープを利用されています。
3年前から導入頂いておりますが、導入前はテープ播種の概念がなく各地での実演でも半身半疑だったそうですが、
年々シーダーテープの利用面積が増え2016年には「あけマルくん」をもう1台増やし現在は2台体制で播種されています。
開発された収穫機の新たな導入により 播種~収穫までの機械化を拡大されました。

発芽状況1
管理機けん引式播種機(TTA -8)による播種
発芽状況2
4ストローク・ガソリンエンジン搭載自走播種機(TEM-4WD)による播種
マルチ除去後 成育状況1
管理機けん引式播種機(TTA -8)による播種
マルチ除去後 成育状況2

お客様の声

もう、手播したくない!!

(株)広川様の呼びかけにより、本社のある多古町から
八街市・富里市等各市町村の生産者様に
シーダーテープの利用が広がっております。
シーダーテープをご利用頂いた生産者の方々から
「もう、手播したくない」とのご意見をお聞きしました。

 
  • 製品一覧はこちら
  • お問い合わせはこちら