HOME > 導入事例 > スイートコーン

スイートコーン

お客様のご紹介

JA愛知みなみ「トンネルスイートコーン出荷連合」様

JA愛知みなみは、愛知県の南端に位置する渥美半島の田原市を管内としています。今回は、JA愛知みなみ トンネルスイートコーン出荷連合 におけるシーダーテープの活用についてご報告します。
 
JA愛知みなみ様
トンネルスイートコーン出荷連合様
  イメージ

スイートコーン栽培におけるお客様の課題

  • 収穫適期が短く、そのうえ早朝に収穫しなければならない。
  • 労働面で面積拡大に制限がかかる上、収穫労力の負担が大きい。
  • 他の作物と組み合わせながら作型を拡大したい。

当社からの提案

1996年(平成8年)までは手播きや機械播き、移植栽培などでスイートコーンは栽培されていましたが、 生産者、JA、地元の種苗店からのさらなる省力化への要望に応え、1997年(平成9年)に、シーダーテープを活用した栽培を提案しました。
当時はバイカラー系品種が主流で、一株に3~4粒の種子が播種されていました。当時の部会代表が先頭になり、1反あたりのシーダーテープ使用長の確立(最初は1,300~1,350m)をはじめとし、 播種機(TSA-6、TTA-82)の試験、シーダーマルチ(コーン用 石灰マルチの連続丸型穴あき)への取り組み、溝切りパイプの選定など、様々な課題に取り組みました。
  イメージ
 
また1反あたりのテープ代を、できるだけ抑えたなかで省力栽培ができる様に試行錯誤を繰り返し、試験開始から3年、2000年(平成12年)になってようやく本格的な渥美地区へのシーダーテープ導入が開始されました。
自走式テープシーダー TEM-4WD2
自走式テープシーダー TEM-4WD2
小型4サイクルエンジン搭載の自走式テープシーダーシリーズです。4輪駆動方式により走行性能に優れ、コンパクト設計なので取りまわしが簡単です。
TEM-4WD2についての詳細はこちら
管理機用アタッチメント TTA-82
管理機用アタッチメント TTA-82
お手持ちの管理機に取付けられるテープシーダーです。条数、条間は自由に選択できるユニットタイプです。
TTA-82についての詳細はこちら

導入後

導入したての時は、テープでスイートコーンが出来るのかと、半信半疑のところもありましたが、着実にシーダーテープの信頼性と認知度が上がり、年々テープによる播種が増えていきました。
本格導入後、播種作業の軽減、均一覆土による一斉発芽、欠株のない播種精度などが評価され、渥美地区のスイートコーン栽培において、シーダーテープは欠かすことの出来ないアイテムとなっています。株間は30~33cm、種子の入れ方は2粒(なかには1粒・2粒の交互入れ)になり、省力栽培に加え、低コスト化にも役立っています。

4ストローク・ガソリンエンジン搭載自走播種機(TEM-4WD)による播種
4ストローク・ガソリンエンジン搭載自走播種機
(TEM-4WD2)による播種
管理機けん引式播種機(TTA -8)による播種
管理機けん引式播種機(TTA -82)による播種

お客様の声

渥美半島のコーンにはシーダーテープは絶対欠かせない

現在はイエロー系の品種がメインで栽培されています。播種機も導入当初からのTSA-6、TSA-7(ひばり・軽量型)、TTA-82(管理機アタッチメント)に加え、TEM-4WD2(エンジン付き、2条用)など色々なタイプが使用されています。
農業をめぐる環境が厳しさを増す中、新たな課題が次々と現れますが、「渥美半島のコーンにはシーダーテープは絶対欠かせない」との思いは変わらず、今後も「シーダーテープ」の特徴を活かして様々な課題の解決に取り組んで行きます。
  イメージ
  • 製品一覧はこちら
  • お問い合わせはこちら